未分類

【台風19号】もしものために用意しておくべき台風対策グッズ|命は自分で守ろう

投稿日:

台風が多い日本ですが『自分は大丈夫』と謎の自信があって何も用意していない人は結構多いです。

しかし、近年の大規模な被害をみれば「いつ自分や自分の周りに被害が及んでも不思議じゃない」というのが分かりますよね?

 

確かに若い人ほど、災害対策のグッズ(コンビニ、スーパーで大量の水など)買うのは恥ずかしい気持ちもあるかもしれません。

ですが、命にかかわることですし、準備しておいて損はないでしょう。

 

うぴ
買いしめるのはダメだと思うけど

 

なので、この記事では「台風の時に用意しておくべき台風対策グッズ」を紹介します。

台風が接近してからじゃ遅いので、必ず安定しているときに買っておくのがマスト。

コンビニやスーパーで買わずとも、ネットですべてそろうのでぜひチェックしてください。

用意しておくべき台風対策グッズ

最低限用意し置きたい災害グッズを紹介します。台風意外にも、地震などの災害時には使えるので必ず用意しておきましょう。

1番大切なのが水でして

  • 飲料
  • 手洗い
  • 掃除
  • トイレ

など、ほぼすべての事に使えるので必ず用意しておきたいグッズです。

水は賞味期限も長いので「もしもの時用」としても保存しておけるのがメリットですので、何もなくても用意しておきたいです。

 

災害時は家族×3日分の水を用意しておくことが望ましく、1人辺り1日3リットルが目安になってます。

つまり3人家族なら、27リットル分を用意しておきたいってことになります。

 

うぴ
2リットルペットボトルなら約14本だね

 

断水してしまうと水がでないくなるので、水は命綱となります。

非常食・食べ物

災害時はコンビニやスーパーなどから食品が消えますし、停電やガスが止まってしまうと調理もできなくなってしまいます。

なので、火を使わないでも食べられる、災害用の非常食を用意しておきましょう。

アルファ米とは一度炊き上げた後、乾燥させたご飯なので水をかけるだけで食べられる非常食です。

ピラフやカレーなど種類もたくさんあるので、飽きずに美味しく食べることができるのでもしもの時のために用意しておきたい食料になりますね。

他にも

なども、非常時にかんたんに食べられてエネルギーとなりやすいものなので、用意しておきたい食品です。

懐中電灯

災害時は停電することも多く、いつ復旧するかわかりません。

後でも紹介しますが、台風では窓ガラスが割れることもあるので段ボールなどでガードすることもあります。

そうなると日中でも光が入ってこないので暗い中で生活するしかありませんよね?

 

そんな時に役立つのが懐中電灯でして、照らしたい部分を遠くから照らせますし、天井にぶら下げておけば食事の時にも照らしてくれます。

何をするにも光は必要なので、ひとつは用意しておくべきグッズですね。

また、ローソクに比べて火災の心配もないので安心して使えます。

ただし、電池が切れてると使えないので、予備の電池も一緒に買いましょう。

ブルーシート

ブルーシートの使い道としては

  • 濡れた床に敷いて座れるようにする
  • 掛けて荷物を雨風から守る
  • 割れた窓などに目隠しとして使う
  • 寒さ対策

などなど、意外と使い道があるのであると便利です。

通常はたたんでおけば邪魔になりませんし、お値段もそこまで高くないのでいくつか用意しておくといいと思います。

特に台風前などはバンバン売れて品薄状態になるので早めに買っておくのがいいでしょう。

段ボール

ネットでお買い物が好きな人はアマゾンの段ボールが大量に積み重なっていると思います。

ある程度量が増えたら捨てるとは思いますが、ちょっとは残しておいた方がいいな。と今回強く思いましたね。

台風では雨戸のない窓は、割れてしまう危険性があるので段ボールで補強(というかガラスが飛び散らないように)するべきです。

段ボールは買う必要はないので、スーパーとかで貰っておくか、ある程度は残しておくかしましょう。

簡易トイレ

災害時はいつ水が流れるようになるかわかりませんので、トイレが非常にストレスになります。

そこで使い捨ての簡易トイレを使うのがオススメ。

使い方は

  1. トイレに専用の袋をセット
  2. 凝固剤を入れる
  3. 用を足す
  4. 専用袋を外してゴミに出す

たったこれだけでOK。

トイレが使えない状態でも、組み立て式の簡易便座もついてくるので安心です。

臭いの心配もなくなりますし、衛生的にも安心なので災害時は特に重要なグッズです。

お値段はちょいと高めですが、50回分も入っているのでもしものためとしてはコスパはいいと思います。

モバイルバッテリー

私たちの命ともいえるスマホですが、充電が切れてしまっては使うことができません。

さらに停電してしまうと充電もできなくなります。

なので、大容量のモバイルバッテリーを買っておくことをオススメします。

当たり前ですがモバイルバッテリー自体も充電しておかないと意味がないので、あらかじめ充電はMAXにしておくといいでしょう。

台風など来ることが予想できる災害については、発表があってからでも間に合います。

メガネ

目が悪くて日常的にコンタクトレンズを使っている人も多いと思います。私もそうです。

コンタクトは目に直接つけるので手が汚れてると違和感が生じますよね。水が使えればいいんですが断水時に水は貴重です。

そんな時のために、メガネは1~2つを予備として持っておくといいかもしれません。

1つだと、割れたりした場合に何も見えなくなってしまうので、予備としてもうひとつ多めに作っておくといいでしょう。

大きめのバックパック

ここまで紹介した災害グッズを入れておく大きめのバックパックがオススメ。

普段使いで使わなくてもいいので、アウトドアでも使えるような大きくて機能的なバッグが望ましいです。

いつでもすぐに使えるように分かりやすい場所に置いておきましょう。

まとめ:災害グッズは早めに用意したほうが安くて安心

災害が来てからグッズをそろえようとするとどこも品薄になっていますし、メルカリやヤフオクでは価格高騰しています。

なので、災害対策グッズは事前に用意しておくのがいいです。

-未分類

Copyright© うぴとペヤ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.