ライター 副業

会社員が副業で3万円稼ぐなら「WEBライター」がおすすめ!未経験でもそこそこ頑張ればムリじゃない

投稿日:2019年9月7日 更新日:

悩み

パソコン使って副業したい!月に3万円ほど稼ぎたいんだけど何すればいいかわかんねー!

たしかに副業といっても種類がたくさんあって何を選べばいいかわからないですよね?

「どっかでバイトする」というのが手っ取り早いんですが、仕事が終わって別の場所で仕事って・・・ちょっとキツく感じます。

 

なので私は、好きな時に好きな場所で仕事ができる「WEBライター」をオススメします!

 

ライターの仕事は、カンタンにいうと「ブログの記事書いたりする仕事」です。

この記事では

  • 会社員の副業にWEBライターをオススメする理由
  • ライター未経験でも初月3万円はムリじゃない

この2つを紹介します。

 

パソコンでの仕事って難しそうに感じますが、『やってみたら意外とかんたんだった』ということが結構起こる世界ですのでまずは軽い気持ちで始めちゃいましょう!

ちなみにライターの仕事探しはアナザーワークスなどのクラウドソーシングサイトでできます。


会社員の副業にWEBライターをオススメする理由

私がライターを始めたときは会社員じゃなかったんですが、別の仕事をしていたのである意味副業という感じではじめましたが

 

うぴ
周りの友達にも副業としてオススメできるな~

 

と、思ったので今回記事にしました。

ここからは、忙しい会社員になぜライターがオススメなのか?を解説します。

パソコン1台あればすぐに始められる

ライターの仕事はパソコンとネット環境さえあればすぐに始められるのでハードルが低いのがメリット。

それ以外特に用意するものもなくクラウドワークスの登録に初期費用もかからないので、手軽にスタートすることができます。

 

ブログやせどりなど他のビジネスだと多少なりとも初期費用がかかってしまうので、その時点で考えちゃいますよね。

 

うぴ
今でも新しいこと始めるのに費用がかかると数時間悩んでしまうわ・・・

 

なので初めての副業でも費用もかからずパソコン1台で手軽に始められるのがライターのメリットです。

どこでもできるので移動時間がかからない

Wi-Fiがあれば家じゃなくてもカフェや電車などのスキマ時間にも作業ができます。

なので、「残業などの予定が分からないから別でバイトがしにくい状況」でも、自分の好きな時間に仕事ができるので柔軟に対応できます。

 

せっかく時間を使ってお金を稼いでるのに移動で1時間とか使っちゃうのはもったいないですからね。

 

その時間も作業にあてられれば確実に収入になります。

ライターのスキルはやっているうちに身に付く

ライターとしての記事を書く能力は正直「慣れ」です。

国語力があったり、文章を作るのがうまい人が有利なのは間違いありませんが、ずぶの素人でも問題ありません。

 

私はブログを2~3年ほどやっていたので、多少ブログ記事作成には自信があったんですが、実際にライターとして仕事をしてみて感じたのは

 

うぴ
逆にやりにくい

 

でした。というのもクライアントによってですが

  • 構成はこういう風に
  • 文字装飾はこの色を使って
  • 画像は指定したもの以外使わないで
  • 表はこのタグを使って

などなど、記事作成ルールがあります。

今までマイルールでブログを書いてきた人ほど、違和感があるというか逆に慣れないんですよねー。(私だけかもしれないけど)

 

案件によっては「記事はこのサイトに載せるからどんな感じか見ておいてねー」という風に、実際に記事が載るサイトを教えてもらえるので他の記事の文章などを参考にできます。

 

なので、文章スキルがなくてもクライアントのルールに従っていれば記事は書けるし、やればやるだけスキルは伸びるので安心してください。ってこと。

得意ジャンルならさらに効率よく稼げる

ライターの仕事はいろいろなジャンルがありますので、あなたの知識が活かせる案件があるかもしれません。

  • 車、バイク
  • 電化製品
  • スマホ、PC
  • 不動産
  • 育児
  • 金融
  • 介護
  • マッチングアプリ
  • 転職、職業

などなど、これら以外にもたくさんのジャンルがあります。

需要によって案件の量は変わりますが、何かひとつは自分が得意なジャンルが見るかると思います。

 

で、得意なジャンルの案件を受けるメリットとは「記事作成のリサーチが減る」ということ。

基本的に仕事を受けたら記事を作成するためには他のサイトを参考にしたり、本を読んだりとリサーチが必要になります。

 

うぴ
というか、リサーチに使う時間が7割くらい笑

 

このリサーチ時間を短くできればそれだけ1つの記事を書くのが速くなりますので、イコール時給が上がるということになりますね。

なので、自分が得意なジャンルを選ぶことでさらに効率よく稼ぐことができるようになります。

 

うぴ
クライアントに評価されれば文字単価も上げてもらえる確率高くなるしね

 

まずは自分が好きor知識があるジャンルで探すのがオススメ。

いつでも辞められる

本業が忙しくなり副業に裂ける時間が少なくなってしまうことも考えられますよね。

そんな時はバイトだと急にやめるのは難しい場合もあります。

 

それに対してライターなら「とりあえず今は辞めよう」と思った時に、特別な手続きをしなくてもサッとやめることができます。

もちろんクライアントの契約中はしっかりと記事を納品しないといけませんが。

 

もし仲のいいクライアントがついていたなら、理由を話して、戻った時に仕事がもらえるような関係性を築いておくと再開したときすぐに仕事ができるでしょう。

 

スタート時も大切ですが、副業なら辞める時のことも同じくらい重要です。

柔軟に対応できるライターは会社員の副業としてかなりメリットが多いでしょう。


未経験でも初月3万円は頑張ればムリじゃない

私の場合会社員じゃなかったんですが、副業としてライターをはじめ初月で3万2000円ほど稼ぐことができました。

 

早い段階でクライアントが見つかったのがラッキーでしたので、最速で初案件をもらいましょう。

関連記事【実体験】ライター未経験者がクラウドソーシングで初案件をもらう方法

 

私の周りにも『副業ならライターいいと思うよ』と話していまして、専業主婦の知り合いは育児ジャンルの記事作成で初月3万近く稼いだと話していました。

ぶっちゃけクライアントが見つからないと初月3万円稼ぐのは厳しいんですが、頑張れば無理ではありません。

 

それに続けていけば月に副収入で5万円以上だってわりと普通に稼げるようになります。

とにかくスタート時がかなり大変なので、踏ん張って続けることが大切です。

 

まずは軽い気持ちで期間を決めてはじめてみるのがいいかなーと思います。

まとめ:すべての人の「副業」はライターからでいいと思ふ

会社員の副業にWEBライターがオススメな理由

  • パソコン1台あれば始められる
  • 場所問わずどこでもできる
  • ライティングスキルは慣れが一番
  • 得意ジャンルがあればめっちゃ稼げる
  • いつでも辞めることができる

また、初月から頑張れば3万円をかせぐことはできますし、慣れれば月に5万円、10万円と収入をアップさせることも全然ムリな話じゃありません。

 

ただし、スタート時に踏ん張れるか?頑張って続けられるかがポイントになります。

ライティングのお仕事をもらうには『アナザーワークス』などのクラウドソーシングに登録して始めてみましょう。


-ライター, 副業

Copyright© うぴとペヤ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.